企業理念- COMPANY IDEA -

お客様の幸福、全従業員の幸福

二つの幸福を達成するために社会に奉仕し
会社の永遠の発展を目指し日々企業活動に、切磋琢磨する

理念への指針-GUIDELINE TO AN IDEA -

お客様の幸福のために

安全・安心・健康を最優先とし感動・料理・接客サービスをめざす

全従業員の幸福のために

お客様の感動・幸福を得ることを最重要業務とし
その業務を通じ人と人のふれあいの中に幸福を見出す

ごあいさつ- MESSAGE -

「本当に体に良くて美味しいものを」

img_01

私には、アトピー性皮膚炎の息子がおりました。 病院では「お子様の病気は食事が主要因の一つです。」と告げられ、親としての“食”に対する責任を考えさせられました。 その後、息子への食事療法を目的として【ヘルシー料理】【健康料理】と呼ばれるものを探しては向かい、噂を聞けば問合わせ、全国を巡っていました。 そして、全てに共通することは、“体に良いのは分かる”が“美味しく無い”ということでした。 そう感じていた時に追立久夫総料理長と出会いました。 追立氏の料理を食べ「体に良いのに、こんなに美味しいのか」と衝撃を受けました。 追立氏は、私に同じく、重度の皮膚病のお子様がおられ、食事の改善で皮膚病を治すことを目指し、単身中国に渡り薬膳料理を修得されました。 帰国後、ジャンルにとらわれない追立式薬膳を確立され、お子様の食育に励まれ、見事に皮膚病を完治させられました。 この出会いから「本当に体に良くて、美味しい食」を1人でも多くの方に食して頂くことが私の使命と考え、その中心として薬膳レストラン「然の膳」を開店することになりました。

薬膳料理の取り組み

開店直後は“薬膳=漢方・薬くさい”というイメージが強く、来客されるお客様数も少人数でした。しかし、健康と味を追求した結果、徐々に『美味しくて・体に良い』との言葉を頂く機会が増え、お客様も日々増えてまいりました。現在も常に味だけでなく“食事する空間の雰囲気作り”や“目で見て楽しい盛り付け”等の工夫を凝らしております。2014年からは、常に進歩する薬膳料理を目指し、岡山美作の低農薬の米や野菜をオリジナルブランドにて提供開始致しました。奈義産薬膳牛の熟成肉など様々なジャンルで“生産者の顔が見える、安心できる材料”からのご提供に日々精進しております。

薬膳料理の拡大と施設内事業

当店では『本当に体に良くて、美味しい食を』というコンセプトを掲げ、薬膳料理を少しでも多くの方に■知って頂き、■食べて頂き、■実感して頂きたい と感じております。それらを踏まえ、近年では施設内レストラン、施設内コンビニエンス事業を展開し、それらの経営を統一化することにより利便性、合理性を追求し、ホスピタリティの向上を目指す所存です。

img_02

株式会社フードテックジャパン
■1990年
神戸市内において公共施設内社員食堂の経営を開始

■2008年
株式会社フードテックジャパン設立

■2016年
食に携わる事業を多角化
※病院施設内食堂・施設内小売事業、外食チェーン事業、コンサルティング事業、物販等
 (従業員140名)